プロ野球初の女性オーナー誕生 DeNA新オーナーに南場智子氏

[ 2015年1月16日 12:07 ]

2012年、球団事務所で握手をする中畑清監督とDeNA本社の南場智子取締役(当時)
Photo By スポニチ

 DeNAは16日、新オーナーに親会社の創業者の南場智子氏(52)が就任したと発表した。午後に会見する。日本プロ野球では初の女性オーナー。

 南場氏は新潟県出身で津田塾大卒業後の1986年、米コンサルタント会社マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。90年に米ハーバード大で経営学修士(MBA)を取得し、その後マッキンゼー・ジャパンの役員に就任した。99年にDeNAを創業し、社長を務めていたが、2011年に病気療養中の夫の看病に専念するため取締役に退いた。

 球団を買収した12年シーズンからオーナーを務めていた春田真氏(46)は退任した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年1月16日のニュース