金子 サイ・ヤング賞右腕に刺激「何でも真剣に取り組む」

[ 2015年1月16日 06:25 ]

自主トレを公開しキャッチボールする金子
Photo By スポニチ

オリックス金子 独占インタビュー

 オリックス・金子がリハビリを行う施設では、13年にサイ・ヤング賞に輝いたシャーザーも自主トレ中。タイガースからFAとなった今FA市場で最大の大物で、米メディアでは獲得に年俸総額2億ドル(約236億円)以上が必要とする声も上がる。

 1メートル91、100キロの右腕を前に、金子は「サイズ、パワーも違うので全く同じことはできない。でも何でも真剣に取り組むし、何が必要か考えながらやっていると思う」と練習態度から刺激を受けていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年1月16日のニュース