大谷 ワインドアップ試投で150キロ?受けた石川亮「ヤバイ」

[ 2015年1月16日 05:30 ]

ブルペンで振りかぶって投げる大谷

 日本ハム・大谷が今年2度目のブルペン入り。千葉・鎌ケ谷の室内練習場で力のこもった40球を披露した。「ラスト2球!」と声をかけると、試しているワインドアップから力強い直球を投げ込んだ。これには受けた石川亮が「150キロは絶対に出ていました。ヤバイです。ありえない。ピストルの弾みたい」と興奮気味に話すほど威力があった。

 沖縄・名護キャンプでの実戦登板は現時点で2月9日、もしくは11日を予定しているが、既に準備万端といった状態まで調整は進んでいる。

 ただ、周囲も驚く「弾丸投球」にも本人はさらりとしたもの。23日に先乗りで沖縄入りするが「去年(先乗りを)やって良かった。気候も環境もいいし、より集中できる」。ブルペン後も鏡を前にしてネットスローを繰り返した20歳は、キャンプインが待ち切れない様子だ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年1月16日のニュース