栗山監督「キャッツ」観劇へ…究極の験担ぎ「なんでもやる」

[ 2014年12月29日 05:30 ]

日本ハムの栗山監督

 日本ハムの栗山監督が来年1月に本拠を置く札幌で行われる劇団四季のミュージカル「キャッツ」を観劇する。

 昨年は仙台(楽天)、今年は福岡(ソフトバンク)と2年連続で公演地に本拠を置くパ・リーグの球団が日本一になり、古くは大阪で公演された85年にも阪神が日本一を達成した。

 「みんなから“行った方がいい”と言われるんだ。来年は優勝するためならできることは何でもする」と指揮官。観劇することで「究極の験担ぎ」とし、国内で8600回以上の上演回数を誇るメガヒット作品にあやかるつもりだ。「猫」の手も借りて、3年ぶりのリーグ制覇を目指す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年12月29日のニュース