季節外れ? ヤンキース本拠地が熱気に包まれる

[ 2014年12月28日 15:20 ]

ヤンキースタジアムで行われた「ピンストライプ・ボウル」 (AP)
Photo By スポニチ

 メジャーリーグは現在、ストーブリーグまっただ中で、来季の開幕戦が行われる4月5日までまだ100日もある。そんな中、ヤンキースの本拠地・ヤンキースタジアムが“季節外れ”の熱気に包まれた。

 米国では年末年始にかけて「ボウル・ゲーム」と呼ばれる大学フットボールの試合が立て続けに行われるが、27日にペン州立大とボストンカレッジとの間でそのヤンキースタジアムを舞台に「ピンストライプ・ボウル」が行われたのだ。

 試合は白熱した試合展開となり延長戦の末、ペン州立大が31―30でボストンカレッジに勝利。ヤンキースタジアムに詰めかけたファンは野球とはまた異なる雰囲気の興奮を味わった。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年12月28日のニュース