最多勝の自負!中日・山井 黒田に挑戦状「負けたくない」

[ 2014年12月28日 05:30 ]

豊田市内でトークショーを行った中日の(左から)山井、岩田、祖父江

 タイトルホルダーとしてメジャー帰りの大物を迎え撃つ。中日の山井大介投手(36)が27日、岩田、祖父江、田島らと愛知県豊田市内でトークショー。今季は最多勝と最高勝率の2冠に輝いた右腕は、広島復帰が決まった黒田とのタイトル争いに闘志を燃やした。

 「前にカープにいた時からすごい投手と思っていた。日本でどういう投球をされるのか見てみたい」と、まずは4学年上の右腕に敬意を表した。ただ、勝負となれば話は別。「いずれ対戦する時が来るでしょうし、もちろん、負けたくない」と言葉に力を込めた。

 二人が過去に先発で投げ合ったのは07年7月31日(広島市民)の1度だけ。山井が6回3失点、黒田は2回1失点で交代しており、ともに勝敗はつかなかった。ただ、経験と自信を積み重ねた今の山井は当時とは違う。

 このオフも「しっかり体をケアできたし、休み過ぎずに思うような過ごし方ができている」と笑顔だ。2年連続のタイトル獲得へどんな強力ライバルも返り討ちにする。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年12月28日のニュース