岩村 “ともに上甲チルドレン”安楽サポート名乗り

[ 2014年12月28日 05:30 ]

野球教室で子供たちに身振り手振りで指導する岩村(左)

 「プロ野球愛媛県人会」が同県内の3会場で野球教室を初開催。宇和島市出身で同会会長を務めるルートインBCリーグ、福島ホープスの岩村明憲兼任監督(35)が、同郷である楽天のドラフト1位右腕・安楽に「上甲さんの思いをプレーで表現してほしい」とエールを送った。

 今年9月に胆管がんで死去した済美・上甲正典前監督(享年67)は、岩村にとっても宇和島東時代の恩師。「上甲さんが亡くなったつらい現実を受け止めないといけないが、明るいニュースをつくる一人が安楽。一年でも長く現役を続けて」と期待を寄せる。恩師、出身地だけでなく、自身も楽天OBと安楽と共通項は多く、「相談に来たときは乗ってあげたい」とサポート役に名乗りを上げた。同県人会は28日に松山市内で総会を開き安楽も出席する。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年12月28日のニュース