阪神・中村GM「あとは鳥谷の去就」 FA戦線遅れもトレードは慎重

[ 2014年12月26日 07:50 ]

海外FA権を行使した鳥谷

 獲得を目指したオリックス・金子の残留から一夜明けた25日、阪神・中村勝広ゼネラルマネジャーは、トレードによる補強策には慎重な姿勢を見せ、改めて現有戦力の奮起に期待を寄せた。

 「いろいろ考えているけど(トレードは)そう簡単にいくものじゃないから。(焦ると)お茶を濁すことになる(可能性がある)。(時期としては)一般的にはオープン戦中頃じゃないかな」

 今オフはFA戦線で後れを取った形だが、先発投手陣の頭数に不足はなく、日本一を狙う戦力は十分にある。「戦力は分かっているからね。新人がどれくらいやってくれるか。あとは、鳥谷の去就になる」。基本的には新人を含む現有戦力で、球団創設80周年の来季に臨む考えを示した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年12月26日のニュース