今宮 貧打返上へ“3割打つ!”1800万円増で一発サイン

[ 2014年12月23日 05:30 ]

契約を更改し会見する今宮

 ソフトバンクの今宮がヤフオクドーム内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、1800万円増の年俸7000万円(金額は推定)で一発サインした。

 「納得というか、昨年より打ってないので…」。5年目の今季は遊撃手のレギュラーとして初めて全試合に出場し、ベストナインにも輝いた。2年連続でゴールデングラブ賞を獲得して、2年連続でリーグ最多の62犠打もマーク。しかし、一方で打率は2割4分と昨季を下回り「ショートとはいえ打たないと。3割を目標においていく」と話した。

 年明けからは内川と自主トレを行う予定。安打製造機から打撃の極意を学び、自慢の守備のさらなる向上も目指す。「守備範囲が広いとエラーが増えると言われるがエラーはエラー。広い中でも失策数は減らしていきたい」。総合力アップで来オフをバラ色に染めると誓った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年12月23日のニュース