元女子バレー全日本の竹下佳江さん、第1子妊娠 夫は広島の江草投手

[ 2014年12月22日 12:25 ]

元バレーボール日本代表で広島の江草夫人の竹下佳江さん

 12年ロンドン五輪で銅メダルを獲得した元バレーボール全日本女子のセッターで、12年3月にプロ野球広島の江草仁貴投手(34)と結婚した竹下佳江さん(36)が第1子を妊娠したことが分かった。マネジメント事務所が22日、ファクスで報道各社に発表した。

 竹下さんはファクスの中で「私事ではございますが、この度、新たな命を授かりました。夫婦ともども、喜びに満ちております」と報告。

 「現在は、解説やトークショーなどの話すお仕事や、バレー教室でも無理のない範囲で指導をさせて頂いております」と近況を明かした上で、「出産までは、このペースでお仕事をさせて頂きながら、バレーボールのシーズンを見届けられたらと思っております」とコメントした。

 竹下さんは結婚当初から「子どもが大好きなので、欲しい」と話しており、結婚3年目にして待望のオメデタとなった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年12月22日のニュース