ライアン小川6500万円サイン「最大級の評価をしてもらった」

[ 2014年12月19日 16:53 ]

900万円増の6500万円でサインした小川は笑顔で会見

 ヤクルトの小川泰弘投手(24)が東京都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、900万円増の年俸6500万円でサインした。

 小川は今季4月に「右手有鉤骨鉤(ゆうこうこつこう)骨折」で戦線離脱。7月に先発復帰し9勝を挙げた。今季最終戦では好投しながら味方のエラーで逆転負けを喫し2ケタ勝利を逃した。「ケガがあった中で9勝に終わってしまったが、球団からは10勝扱いということで最大限の評価をしてもらった」と小川。

 来季の開幕投手については「やるからには目標の一つとしてやっていきたいが、大切なのは、シーズンを通してケガなくやりきること。今はシーズンを通して戦える体づくりをしっかりやっていきたい。(その上で)2ケタ勝利と200イニングを目指したい」とした。(金額は推定)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年12月19日のニュース