巨人の記事で賠償命令 「週刊実話」出版元が敗訴

[ 2014年12月17日 22:26 ]

 「週刊実話」の記事で名誉を傷つけられたとして、読売巨人軍が発行元の日本ジャーナル出版に3300万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決で東京地裁は17日、名誉毀損を認めて220万円の支払いを命じた。

 問題になったのは2011年12月8日号と12年2月9日号、4月26日号の記事。一部の選手が入団する際、公表した契約内容より高額な金銭を支払っていたなどと報じた。

 石栗正子裁判長は「内容を真実と認める証拠はなく、裏付け取材も不十分だった」と指摘した。

 日本ジャーナル出版は「判決には納得できない。今後の対応は検討中だ」とコメントした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年12月17日のニュース