西武ドラ1右腕 登録名は異例のフルネーム「高橋光成」

[ 2014年12月12日 05:30 ]

背番号「17」を披露する高橋光成

 西武ドラフト1位の前橋育英・高橋光成(こうな)投手(17)が、登録名をフルネームにすることが決まった。

 新人6選手の入団発表が埼玉県所沢市内で行われ、右腕は約500人のファンを前に「小さい頃から“みつなり”とか“こうせい”とか呼ばれてきました。“こうな”と呼んでほしい」と訴えた。

 新人選手が登録名をフルネームにするのは異例。もともと、守護神の高橋朋己がいることから「高橋光」での登録が検討された。しかし球団の「光成」という名前を売り出したいという考えと、高橋の「フルネームを覚えてもらいたい」という希望が一致。13年夏の甲子園優勝投手ということもあり、話題性も抜群だ。

 名前の由来は母方の祖父・光政さんの「光」と姉・かずなさんの「な」から取った。父・義行さん(42)と母・尋美さん(41)の「光り輝きながら成長してほしい」という願いも込められている。

 背番号は「17」。西武では同じく甲子園のスターだった菊池が、13年までつけていた番号だ。「体をつくって1軍に上がりたい。将来は沢村賞を狙い、日本代表に入りたい」と大きな目標を口にし、「いつかは西武の18番をつけたい」と続けた。プロの世界で、その名の通り誰よりも光る選手となる。

 <球界主な登録名>

 ☆フルネーム 今季引退した金子誠(日)は同姓選手の在籍を機にフルネーム登録。金子千尋(オ)はスコアボードで使用。山本昌(中)は3字表記を登録名に。

 ☆ニックネーム パンチやマック鈴木(オ)、今季引退したG・G・佐藤(ロ)ら。

 ☆名前だけ 94年にイチロー(オ)が改名直後にブレークし流行。サブロー(ロ)ら片仮名、鉄平(オ)や銀次(楽)ら漢字のパターンも。

 ☆公募 T―岡田(オ) は監督と同姓となったため、ファンから登録名を募って決定。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年12月12日のニュース