オリ バリントン&ブランコの獲得発表!小谷野&中島に続き大補強

[ 2014年12月6日 13:17 ]

オリックス入りが決まったブランコ(左)とバリントン

 オリックスは6日、DeNAの保留選手名簿から外れたトニ・ブランコ内野手(34)、広島から自由契約となったブライアン・バリントン投手(34)の獲得を発表した。

 ブランコは2年総額5億円で背番号42、バリントンは単年契約の年俸1億5千万円で同27となる。

 これで中軸は糸井、ブランコ、T―岡田という新布陣に日本ハムから小谷野、米大リーグ・アスレチックスFAの中島も加入と、打線はソフトバンクに負けない超重量打線になった。

 FA宣言中の金子残留資金も含めると、総額35億円規模。昨年のソフトバンクは李大浩獲得などで「26億円補強」と言われており、これに匹敵する大型補強となった。

 瀬戸山球団本部長は「補強はイメージ通り。これで金子君が残ってくれれば百点満点」と話した。

 また、アレッサンドロ・マエストリ投手(29)とは3000万円で単年契約、来季が2年契約最終年のエステバン・ヘルマン選手(36)、ブランドン・ディクソン投手(30)と来季の契約を締結したことも発表された。(金額は推定)

 ◆ブライアン・バリントン 1980年9月30日生まれ、米インディアナ州出身の34歳。02年ドラフト全体1位指名でパイレーツ入りも、メジャーでの勝利は10年にロイヤルズで挙げた1勝のみ。11年に広島入りし、先発として在籍4年間で通算40勝42敗、防御率3.25。1メートル93、97キロ。右投げ右打ち。

 ◆トニ・ブランコ 1980年11月10日生まれ、ドミニカ共和国出身の34歳。98年にレッドソックス入り。メジャー出場は05年ナショナルズのみで通算56試合、打率.177、1本塁打、7打点。09年に中日に入団し本塁打、打点の2冠王。DeNA移籍の13年には初の首位打者と2度目の打点王に輝いた。09、12、13年にはベストナインも受賞。1メートル88、102キロ、右投げ右打ち。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年12月6日のニュース