筒香 野手最高昇給3000万円増も慢心なし「気引き締めて…」

[ 2014年11月25日 05:30 ]

野球教室で快音を響かせる筒香

DeNAの筒香が、横浜市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、3000万円アップの年俸4600万円でサインした。横浜からDeNAにチーム名が変わった12年シーズン以降では、昨オフに2000万円増でサインした中村を抜き、野手陣最高の昇給額。「自分でもびっくりするぐらいの提示。来季はチームの顔として引っ張っていってほしいと言われた」と笑みを浮かべた。

 今季は114試合に出場。打率・300、22本塁打、77打点といずれも自己最高の成績を残したばかりか、打撃3部門でチームトップの成績を残した。さらに日米野球では右肩痛で出場を辞退したソフトバンク・中村の代役として追加招集され、オリックス・糸井、日本ハム・中田らと野球談議を重ねた。「話を聞けてプラスになりました」と他球団の主力打者から刺激を受けた様子だ。

 「もう一度気を引き締めて来年に向けてスタートしたい」と今月下旬には渡米し、12月末まで自主トレを行う。年俸は大幅アップしたが、真の4番打者を目指す筒香には慢心のかけらも見当たらない。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年11月25日のニュース