三浦、25%減もサバサバ 来季は「最低ライン」2桁勝利必ず

[ 2014年11月25日 05:30 ]

ダウンでの契約更改に厳しい表情を浮かべる三浦

 今季5勝6敗に終わったDeNAのコーチ兼任の三浦が、25%ダウンの年俸1億3500万円でサインした。

 「納得してサインしました。今年はイニング数も投げていないので」とサバサバした表情。約50分の交渉時間の大半は、自身の契約に関してよりもチームの強化策について話し合ったという。

 来季は24年目を迎えるが「ローテーションを守って2桁勝つのが先発としての最低ライン」と11勝を挙げた09年以来、6年ぶりの2桁勝利を目標に掲げた。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年11月25日のニュース