ロビンソンがUCLAの施設名に 大リーグ初の黒人選手

[ 2014年11月22日 13:49 ]

 カリフォルニア大ロサンゼルス校(UCLA)は21日、1947年に米大リーグ初の黒人選手となったジャッキー・ロビンソンの名前を同校のスポーツ施設の総称に冠すると発表した。

 ロビンソンは39年から41年まで同校に在籍し、野球だけでなくアメリカンフットボール、バスケットボール、陸上にも励んだ。施設は「ザ・ジャッキー・ロビンソン・アスレチックス・アンド・レクリエーション・コンプレックス」と呼ばれるようになる。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年11月22日のニュース