藤井 ドラ1横山に“プロ道”伝授「真っすぐ投げこんでこい」

[ 2014年11月21日 05:30 ]

契約更改を終え、会見に臨む藤井

 野球協約の減額制限(年俸1億円以下は25%)を超える2200万円減の年俸4500万円(金額は推定)で契約更改した阪神・藤井彰人捕手(38)が20日、ドラフト1位指名された横山(新日鉄住金鹿島)にプロの心構えを伝授することを約束した。

 「自分の力をプロで試してほしい。壁にぶち当たっても(自信のある)真っすぐを思い切り、キャッチャーのミット目がけて投げてほしい」

 経験豊富な「男前」が期待の「イケメン左腕」とコンビを組み、少しでも早く即戦力としてチームの力になるべく、潜在能力を引き出す。

 自身は今季、4月に右足甲を負傷した影響もあり34試合の出場にとどまった。「鳴尾浜にいる時は(引退が)チラついた」と振り返る。途中入団の建山が引退し、新井も広島に移籍。39歳を迎える来季は福原とともにチーム最年長となる。「来年はいろんな意味で見返したい」と逆襲へ力を込めた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年11月21日のニュース