“侍4番”中田 悔しい5の0…メジャーと「力の差」痛感

[ 2014年11月21日 05:30 ]

<MLB・侍ジャパン>7回表1死一塁、中飛に倒れて悔しげな中田

「2014 SUZUKI 日米野球」親善試合 侍ジャパン6―4大リーグ選抜

(11月20日 沖縄セルラースタジアム)
 日本ハムの中田は「4番・左翼」で先発も、5打数無安打と精彩を欠いた。公式戦全5試合でも4番に座り、第3戦では侍ジャパンでの公式戦第1号が飛び出したが、打率・211と物足りない内容。「全然ダメ。貢献もそんなにできなかった」と厳しく自己評価した。

 メジャー軍団の印象についても「野球のスケールの差を感じました。魅せるプレーとかも単純にファンとして見て感じるものがあった」と差を痛感した様子。今後については「選んでもらうためにも結果を残していきたいし、日の丸を背負っていきたい」と主砲の自覚を口にした。

 ▼坂本(大リーグ選抜は)スイングスピードがしっかりしているなという印象。パワーの部分でまだまだ足りないと思った。なかなかいろんな話を聞いてアドバイスをもらう機会がなかったので、チームに持ち帰りたい。

 ▼武田(先発し3回4安打1失点) あまり調子は良くなかったです。リズムが悪かったのが反省ですが、今後につながる経験となりました。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2014年11月21日のニュース