増渕 55%ダウンも「ありがたい」プロ8年目初の1軍登板なし

[ 2014年11月20日 05:30 ]

日本ハム・増渕は限度額を大きく超える提示にも、来季の巻き返しを誓った

 日本ハムの増渕が千葉・鎌ケ谷で契約更改交渉を行い、減額制限を超える55%ダウンの年俸1300万円でサインした。

 開幕直後にヤクルトから移籍したが、8年目で初の1軍登板なしに終わり「契約してもらっただけでありがたい。今年は何もしていないので…」と神妙な顔つき。今季はサイドスローにフォーム改造したが「(球団と話し合って)しっくりくる右腕の位置で投げた方がいい」と来季は以前のスリークオーターに戻して勝負する。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年11月20日のニュース