メッセのクセ織り込み済みだった…V打生んだ明石の投前スリーバント

[ 2014年10月31日 05:30 ]

<ソ・神>8回無死一塁、明石がスリーバントを決める

日本シリーズ第5戦 ソフトバンク1-0阪神

(10月30日 ヤフオクD)
 阪神守備陣のプレッシャーに屈しなかったスリーバントが、決勝点を生み出した。日本一を決める1点につながった8回無死一塁からのソフトバンク・明石の投前犠打。2ストライクと追い込まれながら確実に、冷静に走者を二塁へ進めた。

 メッセンジャー―藤井の阪神バッテリーは、この場面、バントを封じるため高めの直球を選択した。初球は一塁側への小飛球でファウル。2球目は打球を殺したが三塁側へのファウルになった。ともに143キロの力のある直球。明石は「最初は一塁側を狙っていた。(三塁手の)関本さんが(ダッシュして)来ていたし。でも、無理だなと思った」と狙いを変えた。3球目も同じ高めの直球をやや強めだったが、しっかり投前へ。メッセンジャーが投球後に一塁側へ倒れるため、打球への反応がやや遅れることも織り込み済み。ここしかないという打球のコースだけを意識した送りバントだった。

 明石が「今季一番、緊張しましたね」と振り返った阪神守備陣との3球の静かな攻防。この日本シリーズで明石が決めた3つの犠打は、全て得点と勝利につながった。 

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年10月31日のニュース