細川「何で転がっているのかと」…守備妨害に“ナットク”

[ 2014年10月31日 05:30 ]

<ソ・神>記念撮影を行う(左から)松田、内川、秋山監督、本多、孫オーナー、細川
Photo By スポニチ

日本シリーズ第5戦 ソフトバンク1-0阪神

(10月30日 ヤフオクD)
 ソフトバンク・細川が守備で貢献した。

 3回にマートンと上本の二盗をいずれも阻止。1イニングで2度の盗塁阻止はシリーズ新記録だ。1―0の9回1死満塁ではゴロを捕球した明石の送球をホームで受けた。本塁封殺で2死とし、併殺を狙い、すぐに一塁へ。送球が打者走者の西岡に当たり、一瞬ひやりとしたが、記録は守備妨害で試合終了。「最初は何で転がっているのかと思った」と慌てた扇の要も、すぐに歓喜の輪に加わった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年10月31日のニュース