“大谷2世”松本 プロでは投手一本「日本代表する投手に!」

[ 2014年10月24日 05:30 ]

ソフトバンクから1位指名を受けた盛岡大付・松本(中)がチームメートに胴上げされる

2014ドラフト会議

 【ソフトバンク1位 松本裕樹 投手・盛岡大付】最速150キロの直球と高校通算54本塁打の打力を持つ「大谷2世」が、プロでは投手一本で勝負することを宣言した。12番目に名前を呼ばれ「名前が呼ばれるかどうかドキドキした」としながらも、「今までも投手としてやってきたつもりなので、プロにいっても貫きたい。いずれは日本を代表するピッチャーになりたい」と決意表明した。

 同じ岩手の花巻東から日本ハム入りした二刀流の大谷と比較されてきたが、プロでは打者・大谷と対戦する可能性もある。「個人として戦うわけじゃないけど、どこにいっても打たれたくはない」と闘志をのぞかせた。現在は今夏に痛めた右肘の炎症の治療に専念。「(肘の)不安はあるけど、前より良くなってきている。調子が悪くても試合をつくれるピッチャーになりたい」と力を込めた。

 ▼ソフトバンク・王会長 松本は運動神経という意味では今回の候補の中で一番。最初から1軍とは思っていない。将来性を考えた。いい補強ができた

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年10月24日のニュース