岡本 原監督の後継指名!近未来「4番・サード」へ英才教育

[ 2014年10月24日 05:30 ]

巨人から単独1位指名を受け、早くも原監督とグータッチの智弁学園・岡本和真

2014ドラフト会議

 【巨人1位 岡本和真 内野手・智弁学園】 巨人から単独指名を受けた岡本は口元を引き締めた。1メートル83、95キロの恵まれた体格で、高校通算73本塁打を誇る右の大砲。今夏の甲子園では主に一塁を守っていたが、プロの世界では原監督と同じ道を歩むことを力強く誓った。

 「サードを守りたいと思ってずっとやってきた。日本を代表するような選手になって、原監督のような良いバッターに少しでも近づけるように頑張りたい」

 この日は普段より2時間早い5時半に起床。後輩と学校近くの寺を訪れ「指名されますように」と願った。夢をかなえたスラッガーは早速、巨人の帽子をかぶり、チームメートに胴上げされた。「対戦したい投手は」との質問には、同学年で楽天が交渉権を獲得した安楽の名前を挙げ「同学年で157キロを投げるのは未知の世界。そういう凄い投手と対戦したい」と目を輝かせた。

 原監督も高揚の面持ちで「非常に早めに順応することもある。可能性を信じて指導していきたい」と期待。「近未来」の4番候補としての英才教育を施す考えも口にした。「私とともに汗をかきながら、泥んこになって成長していきたい。大型三塁手という中で育てていきたい」。かつて長嶋茂雄氏が松井秀喜を「1000日計画」で密着指導して育てたように、原監督も自身の後継者に育てる覚悟だ。

 奈良で生まれ育った純朴な高校球児は「ずっと緑の中で育ってきたので、都会に行くとだまされるんじゃないかと心配」と初々しさをのぞかせて笑いを誘った。「いずれは本塁打王を獲りたいです」。球界を代表する長距離打者への道を歩み出す。

 ▼巨人・原監督 岡本君は将来の巨人を背負う無限の可能性を秘めた選手で、戸根君はウチにいないタイプの左投手。バランス含め満点だと思います

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年10月24日のニュース