2球団競合…楽天立花社長“ゴッドハンド”3年連続大当たり

[ 2014年10月24日 05:30 ]

ヤクル・ト真中監督(左)の横でガッツポーズの楽天・立花社長

2014ドラフト会議

 2年前の森、昨年の松井裕に続き「ゴッドハンド」と呼ばれる右手で3年連続で当たりクジを引いた楽天の立花陽三球団社長は、大久保新監督とガッチリと握手を交わした。

 智弁学園の岡本、早大の有原、西日本短大付の小野の4人を1位候補として議論を続け、当日に安楽に決定。2分の1の確率ながら「残りものに福」があった。昨年同様に直前にカレーを食べる「験担ぎ」も行った同社長は「小野投手も2位で獲れたので100点」と笑顔。ヤンキースの田中が背負っていた「18」などいくつか10番台が空いているが、安楽の背番号については「今後、話し合って決めると思う」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月24日のニュース