ハム終戦もサプライズ 両軍で稲葉胴上げ「素晴らしい野球人生」

[ 2014年10月21日 05:30 ]

<ソ・日>両軍の選手から胴上げされる稲葉

パ・リーグCSファイナルS第6戦  日本ハム1―4ソフトバンク

(10月20日 ヤフオクD)
 まさかのサプライズに、日本ハム・稲葉は号泣した。試合後、左翼席のファンにあいさつを済ませると、ソフトバンクのナインも駆け寄ってきた。両軍入り乱れての胴上げ。5度宙を舞った。

 「一緒に戦ってきた相手からも胴上げしてもらって、うれしかった。(ソフトバンク)ファンも“稲葉コール”で応援してくれて、素晴らしい野球人生を送れた」

 「稲葉ジャンプ」で迎えられた最後の打席は4点を追う9回。先頭で代打出場し「三振でもいい。悔いのないスイングをしよう」と臨んだ。サファテの151キロ直球を強振し、捕邪飛に倒れた。ポストシーズンを含めてプロ通算2275試合、8653打席目だった。

 「これで全てが終わったと感じたが、最後まで下を向くのはやめようと思った」。チームは1点を返し、なおも2死一、二塁と攻め立てた。反撃はここまでだったが、後輩の諦めない姿勢に「涙が出そうだった。こらえ切れない」とベンチ裏に下がり、誰にも見られない場所で涙をぬぐった。

 日本シリーズに進出し、本拠地の札幌ドームでファンに再び勇姿を見せることはできなかった。だが、CSで流れを変える一打を放つなど、最後まで存在感を示した。自身のモットーにたとえ「全力疾走した20年間だった」と感慨深げに振り返った。今後はアドバイザー的な立場で球団に籍を置きながら、評論家活動も行う。「もう一度、ユニホームを着るのは僕の夢。何年後になるか分からないが、ファンの皆さんとグラウンドで会えるまで野球を勉強したい」。20年間の現役生活を終えた42歳はそう言って静かにバットを置いた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月21日のニュース