慶大、連覇つないだ…谷田&横尾 リーグ戦初アベック弾

[ 2014年10月21日 05:30 ]

東京六大学野球秋季リーグ戦第6週最終日 慶大4-2明大

(10月20日 神宮)
 慶大は谷田と横尾のリーグ戦初アベック弾で快勝した。5回2死二塁から右越え2ランを放った谷田は「真っすぐを狙っていこうと思っていたらスライダーが浮いたので反応できた」と納得の表情。8回に2試合連続となる右越えソロを放った横尾は「練習から逆方向を意識してきた。その成果が出た」と喜んだ。敗れれば連覇が消滅する一戦で踏みとどまり、「優勝できるように(最終週の)早慶戦に向け、準備したい」と言葉に力を込めた。 

 ▼明大・山崎(2番手で4回2/3を3失点)球が高くて威力も切れもなかった。(1位候補に挙がる)ドラフトは意識せずにしっかり投げるだけだと思った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月21日のニュース