PR:

マートン&ゴメス大暴れ 先制3ランだダメ押し打だ

<巨・神>初回2死一、二塁、マートンは先制3ランを放つ

セ・リーグCSファイナルS第4戦 阪神8-4巨人

(10月18日 東京D)
 猛虎の最強助っ人コンビが巨人投手陣を粉砕した。初回2死一、二塁。5番マートンが首位打者の貫禄を見せつけた。虎党で埋まる東京ドームの左中間に先制3ランを突き刺した。

 「大きな試合で大きな仕事をできてよかった」。右足首の痛みを抱えての出場だったが「メッセンジャーとも話していたけど、タイガースで5年プレーして、なかなかこういう機会には恵まれなかった。素晴らしい試合ができてよかったよ」ととびきりの笑顔を見せた。

 打点王も黙っていない。4点差の7回1死満塁で4番ゴメスが左前へ2点適時打。「この瞬間のために戦ってきた。日本シリーズに行けてよかった」。ファイナルSは1本塁打を含む16打数6安打で打率・375。通算8打点はセのファイナルSでは最多記録とまさにMVP級の活躍だ。初の日本シリーズに向けて「ベストを尽くして戦うだけ」と2人は大暴れを誓った。 

 ≪今回の阪神、巨人が初≫阪神は初回にマートン、福留が連続弾。プレーオフ、CSの2者連続本塁打は9回巨人のセペダ、坂本を含め10度あるが、同一試合の打ち合いは今回の阪神、巨人が初。また、阪神の2者連続本塁打は初で、巨人は09年第2S第3戦以来2度目。

 ≪ゴメス最多8打点≫ゴメス(神)はファイナルSで合計8打点。セのCSでは08年第2Sの小笠原(巨)、09年第2Sの森野(中)の各6打点を抜く同一ステージの最多打点になった。なお、PO、CS最多記録は09年CS第2Sでスレッジ(日)が記録した10打点。

[ 2014年10月19日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月23日22時〜23時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム