和田監督 連勝も反省「追加点をまだ取りきれてないところが」

[ 2014年10月16日 22:03 ]

<巨・神>5回無死一、二塁、鳥谷の中前打で生還した西岡(右)を出迎える和田監督(中央)ら阪神ナイン

セ・リーグCSファイナルS第2戦 阪神5―2巨人

(10月16日 東京D)
 阪神・和田監督が連勝にも手綱を引き締めた。

 「早い回で先制できた。先行逃げ切りのいい形で試合ができた」

 打線は10安打で5点。広島とのCSファーストSでは2試合で1点のみと貧打が目立ったが、第1戦の9安打4点に続き復調の気配が見え始めた。

 「甲子園では点が取れなくてバッテリーの踏ん張りで東京ドームに来れた」と指揮官。「こちらに来てからヒットも出るようになって、点も入るんだけど、追加点をまだ取りきれてないところが反省点だが、徐々に活気が出てきた」と第3戦以降もどん欲に打線の奮起を促した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月16日のニュース