ペーニャ、右大胸筋炎症で抹消…ファイナルSも出場できず

[ 2014年10月12日 13:08 ]

 オリックスのペーニャが12日、出場選手登録を抹消された。

 球団によると、10日の練習中、右大胸筋付近に痛みを訴えたそうで、11日に神戸市内の病院で検査の結果、炎症と診断された。痛みが引かないため、この日は自宅療養となり、今後は未定となった。

 仮にクライマックスシリーズのファーストステージを勝ち上がり、ファイナルステージに進出しても、再登録まで最短で10日間かかるため、出場はできないことになった。

 シーズン終盤は4番に座り、今季ペナントでは32本塁打、90打点。日本ハム戦でも7本塁打を放つなど、主軸の活躍を見せていただけに、痛い離脱となった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2014年10月12日のニュース