ドジャース主砲 球審に怒「バットを取り上げられた気分」

[ 2014年10月8日 05:30 ]

ドジャースのマット・ケンプ外野手 (AP)

ナ・リーグ ドジャース1―3カージナルス

(10月6日 カージナルス)
 ドジャースのケンプがデール・スコット球審の判定に怒りを爆発させた。

 第2戦で決勝本塁打を放った主砲は、2点を追う9回無死、微妙なコースをストライクに取られて見逃し三振。猛抗議を行い、試合後には「ひどいストライクゾーン。広すぎる。あんなのは初めて。バットを取り上げられた気分」などとぶちまけた。後味の悪い2敗目を喫し、後がない第4戦には、第1戦で8失点したエースのカーショーが中3日で先発する。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年10月8日のニュース