日本ハム 多田野を早めに自由契約のワケ 現役続行を強く希望

[ 2014年10月2日 08:54 ]

日本ハムを退団した多田野

 日本ハムは1日、多田野数人投手(34)の退団を発表した。

 07年の大学・社会人ドラフト1巡目で日本ハムに入団し、通算18勝20敗、防御率4.43。09年7月10日のロッテ戦(札幌ドーム)では9回2死まで無安打無得点という快投でプロ初完封勝利をマークした。

 今季は中継ぎで5試合のみの登板。球団関係者は「多田野選手が現役続行を強く希望していることから早めに自由契約とした」と話した。多田野は球団を通じて「ファイターズを離れることになりますが、今後も野球選手としての道を歩み続けていきたいと思います」と現役続行の意思を示した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年10月2日のニュース