雄星11敗目…西武 35年ぶり最下位危機

[ 2014年10月2日 05:30 ]

<ロ・西>7回1死一塁、清田に左中間本塁打を浴びた菊池は涙目で降板する

パ・リーグ 西武0-7ロッテ

(10月1日 QVC)
 西武の菊池が石川との投げ合いに敗れ、11敗目を喫した。

 3回までに5奪三振も、4回に大嶺翔の中犠飛で先制されると、0―3の7回には清田に左中間2ランを浴びて降板。6回1/3を5失点に「来年はもっとレベルアップしないといけない」と肩を落とした。2日の日本ハム戦に敗れれば、球団1年目の79年以来、35年ぶりの最下位が確定する。田辺監督代行は「なんとか奮起していい試合で締められれば」と語気を強めた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2014年10月2日のニュース