長坂ガンダム投手不在救った 内野手の中根が零封

[ 2014年9月28日 05:30 ]

スポニチ主催高松宮賜杯第58回全日本軟式野球大会2部第1日

(9月27日 わかさスタジアム京都ほか)
 6会場で1回戦16試合が行われた。地元の京都勢は、佐川印刷BFチームなど3チームが勝ち上がった。また、長坂ガンダム(山梨)、麦原アトムズ(埼玉)も初戦を突破。28日は、わかさスタジアム京都など4会場で2回戦、準々決勝を行う。

 <長坂ガンダム7―0リトルウイングス>長坂ガンダムは投手3本柱が全員不在という窮地の中、内野手の中根翼が無失点に抑える好投。打線も11盗塁と機動力を発揮してコールド勝ちした。保坂昭仁監督は「中根が本当によく投げてくれた。うれしくて涙が出そう。足でかき回すウチの特長も出せた」と喜びをかみしめた。「1勝したので十分満足ですが、次も頑張ります」と2回戦突破を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年9月28日のニュース