星野監督が退任表明 オーナー慰留も本人の意志固く

[ 2014年9月18日 17:06 ]

<楽・ロ>試合前、退任会見にのぞんだ星野監督は三木谷オーナーの言葉に感極まった表情

 プロ野球楽天の星野仙一監督(67)が今季限りで退任することを18日に表明した。仙台市の楽天Koboスタジアム宮城に隣接する球団事務所で三木谷浩史オーナー(49)とともに記者会見した。

 三木谷オーナーは強く慰留したものの、星野監督の意思が固かったという。昨季は球団創設9年目で初のパ・リーグ制覇と日本一に輝き、今季から新たに複数年契約を結んでいた。来季については立花陽三球団社長が続投の方針を示していた。

 星野監督は腰痛が悪化し、5月26日から休養。胸椎黄色靱帯骨化症と腰椎椎間板ヘルニアの手術を受けた。7月25日の試合から復帰したが、チーム状態は上がらず、低迷していた。

 星野監督は2011年から楽天の監督を務めていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年9月18日のニュース