青木 3連戦11安打の球団新記録「あれだけの投手から打てた」

[ 2014年9月18日 12:22 ]

ホワイトソックスに勝利し、観客の声援に応えるロイヤルズ・青木

ア・リーグ ロイヤルズ6―2ホワイトソックス

(9月17日 カンザスシティー)
 ロイヤルズの青木は17日(日本時間18日)、ホワイトソックス戦に「2番・右翼」で出場し、4打数3安打で、メジャー自身初の3試合連続3安打以上をマークした。チームは6―2で勝った。

 15、16日にプロ初の2試合連続4安打をマークした青木は、この日も絶好調。初回1死から右翼線二塁打を放つと、0―1の3回には1死一塁から速球を捉えて左前打としてチャンスを広げ、続くケーンの逆転5号3ランにつなげた。4回にも中前打で、前日から7打席連続安打を記録。5回は四球、8回は三ゴロに倒れるも、今季12勝を挙げているメジャー屈指の左腕セールから3安打をマークし、チームの逆転勝利に大きく貢献した。3連戦での11安打はロイヤルズの球団新記録となった。

 ▼青木の話(メジャー屈指の左腕セールから3安打)あれだけの投手から打てて、本当にうれしい。優勝の可能性があると集中できる。最高の環境で野球をやれていることが好調の秘訣。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年9月18日のニュース