西武「上位候補」 かずさマジック・加藤 敗退も評価不変

[ 2014年9月2日 05:30 ]

 新日鉄住金かずさマジックは先発した今秋ドラフト候補の左腕・加藤が2回、右足に打球が直撃して緊急降板。

 大事には至らなかったが、昨年制覇した日本選手権の出場を逃し「最後まで投げたかった」と肩を落とした。11球団27人のスカウトが視察し、西武・鈴木葉留彦球団本部長は「伸びしろがある。上位候補」と評価は不変だった。

 ◇スポニチ後援第40回社会人野球日本選手権大会・関東代表決定戦第4日
 (1日 大田)

 ▽代表決定戦
新日鉄住金かずさマジック
 000 000 000 ―0
 000 000 001X―1
日本通運
 (新)加藤、本多、久保―清水、山県
 (日)渡辺―酒井
※日本通運は7大会連続17度目の出場

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年9月2日のニュース