三重・長野主将 悔いなし「大阪桐蔭とやれて気持ちよかった」

[ 2014年8月26日 05:30 ]

<大阪桐蔭・三重>大阪桐蔭・中村主将(左)と笑顔で言葉を交わす三重・今井

第96回全国高校野球選手権決勝 三重3―4大阪桐蔭

(8月25日 甲子園)
 三重の長野主将は「(観衆に)背中を押してもらい、最後の試合で120%の力が出せた」と涙をこらえながら気丈に話した。

 5回に先頭で中前打を放って出塁し、一時は勝ち越しとなるホームを踏んだ。この日の3安打を加え6試合で14安打を放った1番打者は「甲子園の決勝という夢見た舞台で、大阪桐蔭とやれて気持ちよかった」と満足げだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年8月26日のニュース