東海大相模“後手”140キロ継投 先発青島、6回2死から…

[ 2014年8月17日 05:30 ]

<東海大相模・盛岡大付>2回、勝ち越しを許し、左腕の小笠原(10)にマウンドを譲る先発の青島

第96回全国高校野球選手権2回戦 東海大相模3―4盛岡大付

(8月16日 甲子園)
 投打に充実の戦力を誇る東海大相模も、波乱の連鎖が起きている今大会の流れにあらがうことができなかった。龍谷大平安(京都)、九州国際大付(福岡)などに続き、優勝候補が初戦で姿を消した。

 「負ければ私の責任。非常に悔しい」と門馬敬治監督は唇をかんだ。

 先発を託された背番号1の青島は3回までに8三振を奪う快投ぶりだった。しかし、外角中心の投球は盛岡大付に徐々に踏み込まれ、鋭い当たりが増えた。6回2死無走者から初めての四球を出すと、3本の単打を浴びて逆転を許した。勝負どころで踏ん張れなかった右腕は「エースとして力が足りなかった。甲子園は甘くないと思った」と必死に涙をこらえた。

 無失点に抑えた2年生の小笠原、吉田の救援陣を含め計15奪三振と「140キロカルテット」の投手力を見せたが、6回の頭、またピンチを招いた場面で投手交代する選択肢もあっただけに「結果的に(継投が)後手に回ってしまった。相手よりもう一つ先に、という決断ができなかった」。5月29日に78歳で他界した同校元監督で恩師の原貢氏(東海大野球部名誉総監督)へ「東海大相模はオヤジさんの魂と一緒に戦っていきます」と誓っていただけに、悔しさをにじませた。

 神奈川大会決勝で20奪三振を奪い、この日は8回からの2イニングを無安打に抑えた吉田は「来年は春夏と甲子園で戦い、自分が引っ張って日本一を目指す」と雪辱を誓った。

 ▼巨人・原監督(東海大相模OB)残念だったけど、よく頑張ったよ。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年8月17日のニュース