大嶺翔 初安打が本塁打 プロ4打席目「忘れることのできない一本」

[ 2014年8月7日 20:05 ]

<ロ・楽>3回裏、先頭のロッテ・大嶺翔がプロ初安打となる先制の左中間ソロ

パ・リーグ ロッテ―楽天

(8月7日 QVCマリン)
 ロッテの大嶺翔が7日の楽天戦でプロ初安打を本塁打で飾った。

 3回、先頭打者で登場し、初球のスライダーを捉えると、打球は左中間席に飛び込み、先制ソロとなった。この日が初の先発出場。プロ4打席目での快打に「忘れることのできない一本になる」と感慨深げだった。

 沖縄・八重山商工高から2010年にドラフト3位で入団し、今月1日に1軍デビューした。兄も同じチームに在籍する内野手は「うまくバットに引っ掛かってくれた感じ。本当にうれしい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年8月7日のニュース