帯広大好き!中田、3年連続の20号で通算100本塁打にあと1本

[ 2014年8月5日 14:07 ]

パ・リーグ 日本ハム―オリックス

(8月5日 帯広の森)
 日本ハムの中田翔外野手(25)が5日、帯広の森野球場で行われたオリックス戦の3回に左越えへ20号ソロ本塁打を放ち、通算100本塁打に「あと1」と迫った。

 帯広では5年連続6本目となるアーチで、相性の良さをこの日も発揮。「特に意識はしていませんでしたが帯広のファンの前ではめったにプレーができないだけに良かったです」と笑顔。3年連続となる20本塁打をマークするとともに、部門トップを走る打点も70に乗せた。

 守っても2点リードの4回2死、T―岡田の本塁打性の当たりを左翼フェンス手前でジャンプ一番で好捕し「1点でも多く取って1点でも少なく守らないと」とコメントした。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年8月5日のニュース