栗山監督、試合後はコックさんに…選手の思い出の味を再現

[ 2014年8月4日 08:18 ]

ソフトバンク戦後、「栗山監督と一緒にクッキング&トークライブ」のイベントに参加した日本ハム・栗山監督は札幌市内の専門学校で「大谷選手のお母さんの味ハンバーグ」を自ら再現

パ・リーグ 日本ハム1-3ソフトバンク

(8月3日 札幌D)
 試合後の日本ハム・栗山監督は札幌市内の専門学校へ移動して、「栗山監督と一緒にクッキング&トークライブ」のイベントに参加。

 99~03年にNHK料理番組で司会を務めた経験を生かし、ファン30人の前で「大谷選手のお母さんの味・ハンバーグ」など、選手たちの思い出の味を手際よく再現した。コック姿の指揮官は「試合に負けて、独りでいたら暗くなるところだった。皆さんに会えてよかった」と明るく振る舞った。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年8月4日のニュース