甲子園主役はオレ!智弁学園・岡本 驚弾で3年ぶり聖地導く

[ 2014年7月29日 05:30 ]

<智弁学園・天理>5回裏無死一塁、智弁学園・岡本は左越えに2点本塁打を放つ

奈良大会決勝 智弁学園8―6天理

(7月28日 佐藤薬品スタジアム)
 18歳の「和製エルドレッド」が怪物弾を放った!第96回全国高校野球選手権大会(8月9日から15日間、甲子園)の奈良大会決勝が28日に行われ、智弁学園の主砲・岡本和真内野手(3年)が5回に左翼場外に高校通算73本目の2ランを放った。チームは8―6で天理を下し、3年ぶり17度目の出場。済美(愛媛)の安楽智大投手(3年)ら好投手が相次いで姿を消すなか、今センバツで1試合2本塁打をマークしたプロ注目の大砲が聖地に乗り込む。
【7月28日の結果 組み合わせ】

 響き渡る快音と矢のような弾道に、誰もが度肝を抜かれた。5―0で迎えた5回無死一塁、カウント1ボール1ストライクから天理2番手の左腕・斎藤が投じた真ん中スライダーを岡本は見逃さなかった。バットを一閃(いっせん)した打球は鋭角的に伸びて、あっという間に左翼の芝生席へ。しかも、勢いが衰えるどころか背後の防球ネットをも越え、林へと消えた。左翼手が微動だにせず、ファンはぼうぜん自失。それほどの「驚弾」だった。

 夏26回の出場を誇る宿敵・天理の心をへし折るには十分すぎる一発。「気持ちで打った」。短い言葉に集約された一語に、岡本のこの一戦に懸ける思いと集中力が垣間見えた。大会中に視察した広島の鞘師(さやし)智也スカウトは「まるで和製エルドレッド。技術的にはロング(長打)を左右に打ち分けられる」と、セ・リーグで断トツの33本塁打をマークする赤ヘル軍団の大砲になぞらえていた。プロのスカウトの視線が集まるなか期待にたがわぬ今夏3本目、推定130メートルの高校通算73号。岡本にとっても格別な一打となった。

 決勝前夜は奈良県五條市の自宅で、試合前に岡本家の恒例となっている祖母・和嘉子さん(72)が作る特製鍋を頬張った。愛情たっぷり、しょうゆベースの豚肉入り鍋で気合注入。この日も球場で観戦した和嘉子さんは、「和真が打席に入った時、拝みました。神頼みが効果てきめんやね」と笑った。

 この日も2安打2打点で、今大会は3本塁打を含む18打数10安打の打率・556、14打点。小坂将商監督が「創立50周年という節目の年で、プレッシャーがあった」と振り返る中、主砲として最高の働きを見せた。

 済美・安楽に始まり、センバツで辛酸をなめさせられた佐野日大(栃木)・田嶋、前橋育英(群馬)・高橋光、浦和学院(埼玉)の小島(おじま)ら全国各地で怪物と称される逸材が姿を消した。そんな中、たどり着いた聖地で「仲間と一緒に1試合でも多く勝ち進みたい」と堂々の主役宣言。真の怪物の夏は、これからが本番だ。

 ◆岡本 和真(おかもと・かずま)1996年(平8)6月30日、奈良県生まれの18歳。北宇智小1年から野球を始め、五條東中では「橿原磯城シニア」に所属し、投手と三塁手。2年時に全国大会3位。3年時にシニアリーグの日本代表で4番を務めた。智弁学園では1年春からベンチ入りし、同秋から4番。高校通算73本塁打。50メートル6秒8、遠投100メートル。1メートル83、95キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月29日のニュース