×

栗山監督 ショック…陽岱鋼がケガで途中交代

[ 2014年7月22日 05:30 ]

<オ・日>8回無死、二ゴロに倒れ腰に手を当て引き揚げる陽岱鋼(右)

パ・リーグ 日本ハム3-5オリックス

(7月21日 京セラD)
 後半戦の開幕で首位・オリックスに逆転負け。3位からの反撃の出はなをくじかれた日本ハムの栗山監督は、先発で5回途中5失点降板のメンドーサについて「彼らしくなかった」。

 5回はメンドーサが同点とされ、リリーフに送った矢貫が2死二、三塁からペーニャに勝ち越し打を許した。8回には球宴でも活躍した陽岱鋼(ヨウ・ダイカン)が左太腿の張りで途中交代。指揮官は「ひどくはないが、ちょっと時間がかかりそう」と表情を曇らせた。

 ▼日本ハム・メンドーサ(4回に来日初本塁打を浴びるなど、4回1/3を5失点で9敗目)本塁打を打たれるまで粘れていたが、あの後に動揺して自分のリズムで投げられなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2014年7月22日のニュース