×

パ監督が前半戦総括 栗山監督「縫い合わせている状態」

[ 2014年7月17日 05:30 ]

 【パ・リーグ監督前半戦総括】

 ▼1位・オリックス森脇監督 故障者によって(相手の)チーム力が落ちているタイミングで戦うなど、やや相手に助けられた面もあった。後半戦は耐久力と反発力が必要。挑戦者の気持ちで、チーム一丸で力を合わせて勝利に向かいたい。

 ▼2位・ソフトバンク秋山監督 何とかやりくりして結果的にここまできた。(大きな連敗がなかったのは)投打のバランス。夏場は投手陣がしんどくなるので、選手層の厚さがものを言う。これからも油断せずに一戦一戦やっていく。

 ▼3位・日本ハム栗山監督 どこかで大きな連勝をしないといけないと思っていたが、それができなかった。(故障者が多いが)首の皮一枚でつながっているのを、今縫い合わせている状態。まだ本当に優勝できると思っている。

 ▼4位・ロッテ伊東監督 開幕ダッシュに失敗したのが響いている。投打がかみ合う試合が少なく、勝ち星を計算していた先発投手が相次いで2軍に行ってしまったのも大きい。後半戦は若い選手を育てながら勝っていきたい。

 ▼5位・西武田辺監督代行 開幕直後は負けがこんで、うちの良さが出せなかった。今はリードされても逆転できる雰囲気がある。粘りが出てきている。勝率を5割にして、初めて本当の戦いができる。

 ▼6位・楽天大久保監督代行 最近は機動力が使えるし、作戦を増やす準備もできている。最下位の雰囲気ではなく、後半戦へ手応えもある。優勝も諦めていない。(腰痛で休養中の)星野監督が早く戻り良い形で指揮を執ってもらいたい。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2014年7月17日のニュース