×

中田 今季初の先発落ち…チーム3安打で分かった“存在感”

[ 2014年7月16日 05:30 ]

<日・西>ベンチスタートの中田(中央)

パ・リーグ 日本ハム2―3西武

(7月15日 旭川)
 開幕から全81試合で4番を務めてきた日本ハムの中田が、今季初めて先発を外れた。6日のロッテ戦(QVCマリン)で死球を受けた左膝の状態が思わしくなく、この日の練習でもフリー打撃を回避。

 2―3の9回2死無走者から代打で登場し、「あそこは大きいのを狙った」と、左腕・高橋の直球を強振したが力のない右飛に終わった。打線全体もわずか3安打に終わり、栗山監督は「いなくなって存在感の大きさが分かる」と表情を曇らせた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2014年7月16日のニュース