山形中央 7回コールド発進!ドラフト候補・右腕石川温存

[ 2014年7月16日 05:30 ]

山形大会2回戦 山形中央9-1山形南

(7月15日)
 山形中央が山形南を9―1の7回コールドで退け、好スタートを切った。今秋ドラフト候補の1メートル91右腕・石川を温存し、2年生左腕の佐藤僚が1失点完投。庄司秀幸監督は「佐藤が一番調子が良かった」と起用の理由を説明した。

 石川の視察でネット裏にはロッテ、巨人など10球団のスカウトが集結。空振りに終わったが、オリックス・中川隆治チーフスカウトは「角度ある直球とフォークが魅力」と次回登板に期待した。石川も「きょうは投げられなくて悔しい。投げる機会が来たらベストを尽くす」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月16日のニュース