グリエル 2戦連発「日本の野球に慣れてきた」

[ 2014年7月14日 05:30 ]

<ヤ・D>初回2死、左中間本塁打のグリエル(右)は蓬莱コーチと喜び合う

セ・リーグ DeNA8-4ヤクルト

(7月13日 神宮)
 DeNAのグリエルが初回に2試合連続アーチとなる左中間6号ソロ。5回も1死二、三塁から2点中前適時打と気を吐いた。

 5試合連続マルチ安打で打率を・341に上げ「日本の野球に慣れてきたし、知らない投手に対応できるようになった」。10日に家族がキューバから来日。食生活に悩んでいたが、母・オルガさんが自宅で振る舞う手料理が力の源だ。中畑監督も「グリエルがチャンスできっちり打ってくれる」と目を細めていた。

 ▼DeNA・川村投手コーチ(三浦の22年連続白星に)同じことをやり続ける根性。(先発の)役割を果たしてくれた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月14日のニュース