ヤクルト 山田 発熱で今季初めてスタメン外れる 小川監督「とても痛い」

[ 2014年7月12日 17:58 ]

 ヤクルトの山田哲人内野手(21)が、発熱のため12日のDeNA戦(神宮)のスタメンを外れた。

 11日の試合後に症状を訴え、この日朝に埼玉県戸田市内の病院で点滴をしたところ症
状が治まったため練習に参加したが、再び発熱したため欠場が決まった。ここまで全76
試合に出場して打率・327。主にリードオフマンとして強打のチームをけん引したきた山田の離脱に、小川監督は「とても痛いですね」と表情を曇らせた。

 代わって1番・二塁には田中浩が入った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月12日のニュース