GM砲が爆発!ゴメス3安打3打点&マートン2安打2打点

[ 2014年7月12日 09:03 ]

<巨・神>7回、2点本塁打を放ち、(右から)鳥谷、マートンとハイタッチをかわすゴメス

セ・リーグ 阪神12-5巨人

(7月11日 東京D)
 宿敵をお得意様とした阪神のGM砲の勢いは止まらなかった。ゴメスが3打数3安打3打点1本塁打ならば、マートンは5打数2安打2打点で、勝利をけん引した。

 「前を打つみんなが先制の場面を整えてくれたし、とにかく自分としては二塁走者のヤマトをホームへ返すことだけを考えていた。真ん中あたりに来た甘いスライダーを逃さずスムーズに打ち返せたよ」

 先制打はマートンだった。初回、大竹の立ち上がり。2死一、二塁から128キロのスライダーをきれいに中前へ運んだ。6試合連続安打とする一撃で、貴重な先制点をたたき出した。

 6回はそろい踏みだ。「見逃せばボール球だったかもしれないけど、強いスイングができたし、強い打球が打てた」。2―2の6回無死一、三塁でゴメスが三塁手・村田のグラブをかすめる左前適時打を放てば、3―2とした無死一、二塁ではマートンが左翼フェンス直撃の適時二塁打。「ニシオカが代打でタイムリーを打ってくれて自分も嬉しいよ!」。M砲は自分のことよりも、その後の西岡の復活打を喜んだ。

 トドメは7回2死一塁でゴメスが左翼スタンドへ2試合連続の16号2ラン。「自分としては打った瞬間、どうかなと思ったけど、東京ドームに感謝したいね」。甲子園ではありえない打球の伸びを感じて喜んだ。

 2人揃って巨人大好きだ。ゴメスが開幕戦から巨人戦10試合連続安打で打率・359を誇れば、マートンも東京ドームは今季の通算打率・353と負けていない。「対戦相手がどこであれ、ベストを尽くすだけ」(ゴメス)と気にした様子はないが、心はすっかり虎に染まっている。

 この関東遠征にはGM砲いずれも家族が帯同中だ。「きのうは家族でステーキを食べたよ」とゴメス。ドームには来ていないが、都内のホテルでテレビ観戦。見えない力が背中を後押ししたのはいうまでもなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月12日のニュース